jamと空

“借りぐらしのアリエッティ”

arietti.jpg先日テレビで“借りぐらしのアリエッティ”の制作秘話の番組がありスッカリ見入ってしまった

今回は宮駿さんは企画・演出にまわり、監督にはアニメーターとしてジブリで、もののけ姫」('97)、「ホーホケキョ となりの山田くん」('99)では動画、「千と千尋の神隠し」('01)で初めて原画制作で活躍していた、通称マロさんこと米林宏昌さん

番組内で1年半前に突然宮さんから「監督をやってみないか」と言われ、右も左もわからない状態からのスタートとなり、監督の重責や期日までの制作、宮さんとの距離など作品が完成するまでのドキュメント番組でした

物語を簡単に説明すると、小人と人間の少年の出会いと別れのストーリー

観たいけど、最後に必ず泣くってわかっていると…どうも100%気持ちが上がらないのはjamだけでしょうか…

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)