jamと空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『心が叫びたがってるんだ。』(2015年)

ogp.jpg
実写版の映画公開記念で地上波で放送されていたのを観た。

「口は災いの元」
自分にも痛感する言葉である。
自分の“口”を憎んだこともある。

「言葉」って…
スポンサーサイト

『ペット』(2016年)

1ccd465e9708a978.jpg
ペットは飼い主が出かけた後に何をしているのか…

こんな世界があるならペットの仲間にもなってみたいな。

『マイ・インターン』(2015年)

intern.jpg
この作品では女性が一人で短期間で成功することで、その速度に本人たちも追いつけないくらいに多忙きわまりない会社。
仕事に男女差が無くなった現代。家事の男女差というのは女性が男性と対等に働くことには比例していない気がする。
結局は大半が女性がする、してしまう。

仕事をすることは男女関係なく大変なこともあるけど、それを忘れれるほどの出会いや得るものもあると思う。
この作品では、世代間から学べることがお互いにたくさんあることを再確認できる。
世代間のギャップを上手にお互いが吸収し合える出会いがあるのは素敵なことだと思った。

マイナスがあったらプラスがある。
なんとかして、なんとかなって、生活していけるのだ。

『食べて、祈って、恋をして』(2010年)

o0345048611068640572.jpg

基礎知識を得ずに観た。タイトルからどんなストーリーなのか単純に想像はしていたけど、ずっとずっと深かった。

人は常に悩み、試練があり、苦しみを超えなくてはいけないことがあり、心から笑顔になることもある。
でも一人では乗り越えることのできない困難でも、周囲の人がいつの間にか支えてくれる。
決めるのは自分であっても、決してたった一人では決めれないと私は思っている。
それは一人の世界ではないし、一人だけでは生きていけないから。

瞑想や、都会から離れた自然の中での生活、美味しい物をたくさん食べ、恋をする。
気持ちが穏やかになる作品でした。

2016年1月〜3月期

karutetto.jpg
1位「カルテット」(http://www.tbs.co.jp/quartet2017/)
ゆったりとした時間を過ごせた。会話のやり取りも良かったなぁ。

2位「タラレバ娘」(http://www.ntv.co.jp/tarareba/)
3位「お母さん、娘をやめていいですか」(http://www.nhk.or.jp/nagoya/okamusu/)
4位「嘘の戦争」(http://www.ktv.jp/uso/index.html)
0位「就活家族」(http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/)
0位「バイプレイヤーズ」(http://www.tv-tokyo.co.jp/byplayers/)
0位「嫌われる勇気」(http://www.fujitv.co.jp/kira-yu/)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。